誠敬会クリニック銀座
内科専用ダイヤル:03-6264-6522 歯科専用ダイヤル:03-6264-6901

金子卓男医師 経歴・ごあいさつ

金子卓男医師
【経歴】
1991 (平成 2) 年 4月 山形大学工学部入学
1999 (平成11) 年 3月 東邦大学医学部卒業
2003 (平成15) 年 5月 東邦大学医学部 研究生(整形外科学講座)
2006 (平成18) 年 4月 慶応義塾大学医学部整形外科学講座へ出向
2008 (平成20) 年10月 東邦大学医学部 助教(整形外科学講座)
2008 (平成20) 年10月 東邦大学医療センター大橋病院整形外科 医局長
2013 (平成25) 年 5月 東邦大学医学部 専任講師(整形外科学講座)

【資格等】
2009(平成21)年 3月  日本整形外科学会専門医
2013(平成25)年10月  日本体育協会公認スポーツドクター

【専門領域】
膝関節外科、スポ-ツ整形外科、軟骨移植、バイオメカニクス

『変形性膝関節症・慢性腱炎』に対する自己血液成長因子療法【PRP-FD 療法】に関して。
私が主に専門として治療している変形性膝関節症は、関節疾患の中でも治療が非常に難しい病気です。
ヒアルロン酸やステロイド注射や消炎鎮痛剤の服用で、なんとか痛みを抑え動かすようにできますが、最終的に人工膝関節等の手術にいたるケースが多いです。
「自己血液成長因子療法(PRP-FD療法)」は従来行っている治療法より有効と考えられ、自分自身の血液成分のみで作られるオリジナル製品であり、アレルギー反応等の副作用はありません。
患者様自身の修復機能(自己治癒力)を活用した療法で、スポーツ選手(メジャーリーガー等)が外科手術を選択せずに、受けている治療法になります。

【適 応】  変形性膝関節症(関節内水腫伴う)・テニス肘・アキレス腱付着部症 他
       ※この治療の適応にならない場合(重症軟骨損傷 等)もございます。

【方 法】  血液 50ml を採血し、採血日から3週間後以降に注射で患部へ戻します。
       治療後は特に大きな制限はありません。
      「厚生労働省許可の特定細胞加工物製造施設(施設番号:FA3160006)」にて作製

この療法は外科的治療や入院の必要もない「注射のみの施術」となります。
混合診療が禁止されているため、自己血液成長因子治療歩を保険対象外で実施中は、当該疾患への保険診療を併せて実施することはできませんので、予めご了承ください。

PRP-FD三つ折りパンフレット画像

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております