誠敬会クリニック銀座
内科専用ダイヤル:03-6264-6522 歯科専用ダイヤル:03-6264-6901

金澤武道医師 ごあいさつ

50年に及ぶ血管研究から生まれた、脳血管を若返らせ血行を良くする「金澤点滴療法」

金澤武道医師ごあいさつ私は、血管研究を50年続けてきた内科医です。このたび縁あって誠敬会クリニック銀座で脳血管外来を担当し、脳梗塞などの未病治療に取り組むことになりました。

私は、青森県津軽半島で生まれ育ちました。子どもの頃、東北地方では脳卒中で亡くなる働き盛りの人がたくさんいました。漁師であった母方の祖父もそうでした。屈強な祖父がいきなり倒れてそのまま旅立ってしまうことを目の当たりにし、私は祖父の命を奪った脳卒中をなんとかしたいと思うようになりました。

医師となった私は長い間大学で臨床研究に取り組み、脳卒中の中でも代表的な脳梗塞の診療を多数経験してきました。もし一度でも脳梗塞になってしまうと、現代の医学では後遺症を防ぐことは不可能に近く、体の麻痺や言語障害など深刻な後遺症が残り、多くの方は社会の第一線から姿を消されています。そこで脳梗塞の後遺症から患者様を守ることができないかと考え、たどり着いたのが脳梗塞の未病治療である「金澤点滴療法」です。

日本の中心地である銀座で、責任ある立場の方々に脳梗塞の未病治療を
「金澤点滴療法」は、脳梗塞の前触れである「脳梗塞の未病状態」を新たな病態としてとらえ、この状態に対して治療する方法です。病気から未病へと発想を転換し、脳梗塞を起こす前に未病治療を行うことで、脳梗塞と後遺症から患者様を守ります。

私は青森県の病院を拠点として、脳梗塞の未病治療「金澤点滴療法」を入院体制で行ってきました。この治療によって脳梗塞の発症を防ぎ、また脳全体の血流がよくなり機能が回復することもあり、多くの方を脳梗塞とその後遺症から救うことができました。

金澤武道医師ごあいさつしかし、脳梗塞の未病治療を必要とされる方は、経営者や政治家など責任ある立場の方も多く、青森で何日も入院して治療を受けることができないと言われる方が多いのです。責任ある立場の方が脳梗塞を発症すれば、ご家族はもちろんのこと、会社や組織までもが大変なダメージを受けることになります。また健康だった方が突然脳梗塞になり、重症の脳血管障害者になると多大な医療費を費やすことになります。未病治療により脳梗塞を防ぐことは、医療費を軽減し、ご本人やご家族だけでなく社会をも救うことになるのです。

そんな中で本当に必要とされる方に未病治療をご提供し、一人でも多くの方を脳梗塞から救いたいと考えていた時に、私は吉野敏明先生に出会いました。年齢も異なり、歯科医師と医師という異なる立場でありながら、「未病治療によって患者様を救い、健康寿命を延ばし、ひいては健全な日本の未来に寄与したい」という同じ理想を掲げることに感動し、この誠敬会クリニック銀座で診療に携わることになりました。銀座という理想的な環境のもと、最善の未病治療をご提供したいと考えています。多くの方が未病治療によって脳梗塞を防ぎ、健やかに充実した人生を送られることを願ってやみません。

金子卓男医師 経歴・ごあいさつ

金子卓男医師
【経歴】
1991 (平成 2) 年 4月 山形大学工学部入学
1999 (平成11) 年 3月 東邦大学医学部卒業
2003 (平成15) 年 5月 東邦大学医学部 研究生(整形外科学講座)
2006 (平成18) 年 4月 慶応義塾大学医学部整形外科学講座へ出向
2008 (平成20) 年10月 東邦大学医学部 助教(整形外科学講座)
2008 (平成20) 年10月 東邦大学医療センター大橋病院整形外科 医局長
2013 (平成25) 年 5月 東邦大学医学部 専任講師(整形外科学講座)

【資格等】
2009(平成21)年 3月  日本整形外科学会専門医
2013(平成25)年10月  日本体育協会公認スポーツドクター

【専門領域】
膝関節外科、スポ-ツ整形外科、軟骨移植、バイオメカニクス

『変形性膝関節症・慢性腱炎』に対する自己血液成長因子療法【PRP-FD 療法】に関して。
私が主に専門として治療している変形性膝関節症は、関節疾患の中でも治療が非常に難しい病気です。
ヒアルロン酸やステロイド注射や消炎鎮痛剤の服用で、なんとか痛みを抑え動かすようにできますが、最終的に人工膝関節等の手術にいたるケースが多いです。
「自己血液成長因子療法(PRP-FD療法)」は従来行っている治療法より有効と考えられ、自分自身の血液成分のみで作られるオリジナル製品であり、アレルギー反応等の副作用はありません。
患者様自身の修復機能(自己治癒力)を活用した療法で、スポーツ選手(メジャーリーガー等)が外科手術を選択せずに、受けている治療法になります。

【適 応】  変形性膝関節症(関節内水腫伴う)・テニス肘・アキレス腱付着部症 他
       ※この治療の適応にならない場合(重症軟骨損傷 等)もございます。

【方 法】  血液 50ml を採血し、採血日から3週間後以降に注射で患部へ戻します。
       治療後は特に大きな制限はありません。
      「厚生労働省許可の特定細胞加工物製造施設(施設番号:FA3160006)」にて作製

この療法は外科的治療や入院の必要もない「注射のみの施術」となります。
混合診療が禁止されているため、自己血液成長因子治療歩を保険対象外で実施中は、当該疾患への保険診療を併せて実施することはできませんので、予めご了承ください。

PRP-FD三つ折りパンフレット画像

小島常信医師 ごあいさつ

小島常信医師私はもともとアレルギーや消化器科が専門ですが、大学病院の救急外来も経験し、感染症から循環器疾患まで幅広く対応するジェネラルな診療に携わってきました。また "口"は、食道、胃や大腸まですべてつながっていることから、歯科と内科が連携して一人の患者様を総合的に診ていくのは当然のことと考えるようになりました。

そして、医科と歯科が併存する誠敬会クリニック(横浜)で、吉野先生や田中先生と連携し、歯科と医科という診療科の壁を超えた、独自の診療方針に基づく診療を展開してきました。また、各年代に多発する軽症膵炎に注目し、それに起因する長期化タイプの感冒(風邪)、治りにくい胃腸症状などの合併症について、原因にアプローチする治療法により改善や完治に導いてきました。

誠敬会クリニック銀座では、誠敬会クリニック(横浜)での成果をさらに進化させ、東洋医学も積極的に取り入れた包括的な未病治療を提供することになりました。消化器科、内科診療を中心に、より幅広く多くの皆さまのお役に立っていきたいと考えていますのでよろしくお願いいたします。

田中真喜歯科医師 ごあいさつ

田中真喜歯科医師私は、歯周病とインプラント治療を専門として歯科診療に携わってきました。その中で、糖尿病など全身の病気を改善しない限り、治療を行っても歯周病がなかなか治らなかったり、再発したりといった症例を数多く経験し、誠敬会クリニック(横浜)では必要に応じて内科と連携し、患者様が歯科と医科を行き来しやすい環境づくりに努めてきました。

日本の医療は細分化されすぎていて、専門分野以外は知識を持たない歯科医師や医師も多いと言われますが、当院に集うドクターやスタッフは、関連領域までの知識や技術を持っていることでスムーズな連携ができ、理想的な医療が実現することを実感してきました。

そして今回、誠敬会クリニック銀座において、各分野のパイオニアともいうべき著名なドクターによる包括的な医療が実現することとなりました。超高齢化社会となる日本に欠かせない医療機関になること確信するとともに、医科とのコラボレーションに新たな可能性を感じ、私もいっそう研鑽を積みたいと気持ちを新たにしています。誠敬会クリニック銀座を拠点に、私たちのめざす理想的な医療、新しい未病治療を発信していきます。ご期待ください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております