誠敬会クリニック銀座
内科専用ダイヤル:03-6264-6522 歯科専用ダイヤル:03-6264-6901

歯のトラブルや体の不調に大きく関わる咬み合わせ

咬み合わせ外来

最近、咬み合わせの不具合や食いしばり、噛みしめなどに悩まれる方が増えています。本来、1日24時間のうち上下の歯が接触しているのは、食事のための咀嚼運動の約20分と言われます。しかし、強大な全身の力が必要な時や、不自然な姿勢の時、極めて精神的なストレスがかかった時など、人間は食いしばりや噛みしめをします。またストレスにより歯ぎしりをしてしまうこともあります

こうした食いしばりや噛みしめ、歯ぎしりなどが原因となり、咬み合わせの不具合が起こり、さらに歯のトラブルや体の不調に影響していることがわかっています。

難聴や味覚障害、めまいの原因にもなることも
食いしばりや噛みしめ、歯ぎしりは、頭痛やめまい、耳鳴りなどの身体症状を起こし、更に自分の歯を無意識に破壊し、歯の根を折る歯根破折につながります。また、顎関節症の原因ともなり、顎関節のすぐ上にある聴神経を圧迫して、難聴や味覚障害、めまいの原因となることもあるため要注意です。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております