誠敬会クリニック銀座
内科専用ダイヤル:03-6264-6522 歯科専用ダイヤル:03-6264-6901

【当院の特徴1】全身の健康を守る歯科と連携した内科診療

全身の健康を守る歯科と連携した内科診療歯や口腔は食物を咀嚼する消化器官の一つでもあり、全身とつながっています。そのため、歯や口腔のトラブルと体調や全身の病気はとても深い関わりがあることがわかってきました。例えば、歯周病の人は糖尿病になりやすく、糖尿病の合併症として歯周病が起こるという「歯周病と糖尿病の双方向性」が明らかになりました。また歯周病菌は、高血圧や動脈硬化による心筋梗塞にも関係します。

食いしばりや歯ぎしりは、胃酸が逆流して食道に損傷を与える逆流性食道炎が原因であることも多いと言われています。食道を逆流した胃酸が口の中を酸性化し、それを中和する唾液を出すために食いしばりや歯ぎしりをすることがわかってきているのです。

内科と歯科が同じ院内にあり連携もスムーズ
そこで当院の内科では、歯や口腔の健康にも留意し、歯科と連携した医療を行っています。歯科の診療中に糖尿病などが疑われた場合には内科の受診を勧め、両科で患者様の情報共有を図りながら早期治療や予防を行います。同じ院内に歯科が隣接しているのでより密接に協力でき、必要なときは同席して診療にあたることができます。

持病のある方の歯科治療にも対応
循環器疾患で加療中の場合、アスピリンなど血が止まりにくくなる薬を内服することが多く、一般の歯科医院では歯科治療や歯のクリーニングを断られることがあります。その一方、感染性心内膜炎や誤嚥性肺炎等は、口腔内の細菌がかかわっていることもあり、持病のある方ほど適切な治療やクリーニングでお口の中を清潔にしておくことが必要です。

当院では、内科治療をしながら歯科治療を同時並行で進めることもできます。循環器疾患や糖尿病などの患者様の場合も、内科医師の管理のもとで歯科治療を行います。「持病があるから歯科治療が受けられない」という方も内科にご相談ください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております