誠敬会クリニック銀座
内科専用ダイヤル:03-6264-6522 歯科専用ダイヤル:03-6264-6901

日本の医療の将来を救うための未病治療

未病治療が医療を変える

当院が目指す未病治療とは、発症前診断と発症前治療を中心とした、東洋医学と西洋医学、歯科と医科を含蓄した包括治療です。発症前診断とは「この人は将来こういうリスクがこのくらいある」ということを見積もること、そして発症前治療とは、その見積もりによって「病気にならないように健康な人に対して医学を使って施術をする」ことです。

高齢化、生活習慣病の増加により、増大する医療費
今や日本は超高齢化時代に突入しています。高齢化に伴い医療費も増大し、一般会計100兆円弱に対して、実に40兆円を超えています。日本の医療制度は戦後、外傷や結核などの感染症がほとんどであった時代からのシステムのため、あくまで「療養に対する給付」であり、病気にならなければ医師は医療を提供することができません。そのため高齢化が進み、がんや糖尿病などの生活習慣病がほとんどになってしまった現代では通用しなくなっているのです。

日本の医療費を引き下げなければ必ず財政は破綻します。医療費を削減し介護や福祉の負担を減らすためには、予防を中心とする医療制度にする方法しかないと私たちは考えています。

医療費を削減する未病治療
膨大化する医療費を削減するためには、未病治療が必要だと私たちは考えています。病気を発症する前に適切な未病治療によって未病を解決しておくと、将来プライマリーケアも必要とならずに健康を維持することができます。病気にならない環境を作り健康寿命を延ばしていくことで、確実に医療費や介護費を削減することができるのです。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております